« Thelonious Monk Four Classic Albums | トップページ | Macの文字が小さくて困る場合の対処その5:Firefox篇(続) »

JBL on time microの使用感

手許のCD+MD+ラジオの組み合わさったオーディオ装置(昔で言うCDラジカセのカセットがMDに変わったもの)が、本体のスイッチが一部効かなくなって、リモコンでしか操作できなくなってきたのと、CDよりもiPodできくことが多くなったので、iPodから音が出せる装置を探して、JBL on time microに辿り着きました。
電気屋さんでふと目に止まっただけで、色々下調べした上でこれを目指したわけではありません。
試しにかけたところ意外に音がよかったので、これにしようと決めた次第です。
縁とは異なものです。
また、オーディオ機器はやはり試せないと買いにくい品物で、通販頼みは危険だと思います。
メーカーのサイト

以下は、JBLが有名なブランドかどうかもわからないぐらい、オーディオには疎い人の評価です。
長所よりも短所を書き連ねた感じになっていますが、音はいいと思っていますので、差し引きしても買って良かったと思っています。

音は広がりがあるというか、いい意味で抜ける(開放感がある?)というか、そういう音で、私が持っていた機器(安物ばかりではありますが)にはない音質で気に入っています。

個人的には、上記のCDラジカセ(MD?)とサヨナラしたかったため、ラジオ付きなのも選んだ理由の一つで、特に、アナクロな私としてはAMが入るのが嬉しかったです。
AMが入らなかったら、多分これを選ばず、CDラジカセ型のiPodがささる機種を選んでいたでしょう。

スイッチやリモコン類はチープな感じです。
コストを削り込んだ結果かもしれません。
リモコンを万一無くしてしまっても、本体のスイッチでラジオや時計は操作できますし、iPodを直接操作して音が出せるようになっています。
本体のスイッチも安っぽいので、こちらが先にいかれるかもしれません。
表示部分の液晶もチープな感じで、すぐに見えなくなりそうな嫌な予感がしないでもないです。

iPodの差し込み口は、ぎゅっと押し込むようにしっかり差さないと、音が右側か左側の半分しか出ないこともありますし、iPodに触れてしまうと雑音が入ったり音が出なくなったります。

あと、色々なところで言われているとおり、音を絞りきっても大きめで、寝るときにこれを使って音を流すのは、逆に安眠妨害になってしまうかもしれません。
音を絞ると、音の良さがわかりにくくなるので、メーカーの自己主張なのかもしれませんが。

« Thelonious Monk Four Classic Albums | トップページ | Macの文字が小さくて困る場合の対処その5:Firefox篇(続) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JBL on time microの使用感:

« Thelonious Monk Four Classic Albums | トップページ | Macの文字が小さくて困る場合の対処その5:Firefox篇(続) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ