« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の記事

Mac OS X 10.6.8で印刷できないことの対処療法 (1) 他の計算機をサーバーと見なす

○2011年7月27日追記
ネットワークプリンタから印刷できない問題等々に対応したアップデータであるMac OS X 10.6.8追加アップデートがアップルから出されました。
「ソフトウェアアップデート」経由でインストールできます。
http://support.apple.com/kb/DL1429?viewlocale=ja_JPからダウンロードもできます。
ここで書かれていることを実行することを検討する前に、まずはアップデータをあててみることをお薦めいたします。

このアップデータを適用すると、私の環境ではネットワークプリンタで印刷できない問題は解決されることを確認しました。

以下、原文です。
-------------------
アップデートしてしまったMacだけで問題を解決したい場合、一番確実な方法はバックアップを取り出すことだと思いますが、バックアップを使わない(あるいは、使えない)場合、問題なく印刷できる他の計算機に代わりに印刷してもらう(つまり、プリントサーバーと見なす)手があります。

1.印刷できるMacをサーバーに見立てる
※サーバーとして、古いMacを蘇らせるという手もありだと思います。

○サーバー側の設定
Mac OS X 10.6だと、
システム環境設定>プリンタとファクス
で、印刷に使いたいプリンタを選び「ネットワークでこのプリンタを共有」にチェックを入れる。

○クライアント側の設定
システム環境設定>プリンタとファクス
で、プリントサーバーをしている計算機にぶら下がっているプリンターを選択して設定。
ぶら下がっている計算機を「mac-server」という名前であるとすると、
【プリンタ名称】 @ mac-server
と、ぶら下がっている計算機付きで表示される。

私の環境では、これで対応できました。
※使用環境
サーバー:
PowerBook G4 12"
Mac OS X 10.4.11

クライアント(問題のあるMac)
Mac Pro
Mac OS X 10.6.8

印刷されることが確認できたプリンタ
FujiXerox DocuPrint C5450
KONICA MINOLTA bizhub C451

2.Windowsをサーバーに見立てる
hamaさんの説明(http://hamachan.info/mac/kyouyu/print-w.html
)が参考になるかもしれませんが、私はWindowsのことはほとんどわからないので、本当にできるかはよくわかりません。

Mac OS X 10.6.8アップデートで生じる不具合(2) Parallels

この話は田中俊光さんのブログの記事http://toshi3.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/parallels-des-1.htmlで知りました。
Parallelsがインストールされているだけで、DockのCPU使用率が100%になる(当然、激しく重くなる)という問題が生じかねないとのことです。

回避策は上記の田中俊光さんのブログに書かれていますが、より詳しいことは本家のサイト(http://kb.parallels.com/en/111541)に書かれています。

一部のMacBook Proでは、カーネルパニックすら起こるらしい(私は経験しなかった)が、Mac OS X 10.6.8はマトモなのか???

Mac OS X 10.6.8アップデートによる不具合

○2011年7月27日追記
ネットワークプリンタから印刷できない問題等々に対応したアップデータであるMac OS X 10.6.8追加アップデートがアップルから出されました。
「ソフトウェアアップデート」経由でインストールできます。
http://support.apple.com/kb/DL1429?viewlocale=ja_JPからダウンロードもできます。
これを適用すると、私の環境ではネットワークプリンタで印刷できない問題は解決されることを確認しました。

○2011年6月27日追記
何とかする方法が見つかりましたので、本記事をトップ記事から外しました。

○2011年6月25日追記
※解決策が書かれているわけではないという意味で内容がなくて申し訳ない気もしますが、皆さんの関心がある記事のようなので、少し(本当に少しであって欲しいのですが)の間、常にトップ記事になるようにしておきます

http://forum.support.xerox.com/t5/Printing/Mac-OS-10-6-8-Update-Problems-with-Fiery-Driver/td-p/5668/page/2
でXeroxの社員の方が
If you google this issue, you will see that 100% of network postscript based printers are not working and there's nothing that can be done in current state. All the tricks don't work on this one.
とコメントされており、Appleの対応を待つしかないようです。
以下の原文では明記していませんでしたが、私が印刷を試みたのは全てネットワークにぶら下がっているポストスクリプトプリンタです。

以下、原文です。
-----
ソフトウェア・アップデートでMac OS X 10.6.8にアップデートしたところ、ネットワークプリンタで印刷できなくなった。
プリンタが一時停止になってしまうので、一時停止を解除してプリンタを再開させても、プリントジョブを放り込む(要するに、ファイルを印刷しようとする)と、すぐに一時停止に戻ってしまう。
プリントキューに一瞬だけ表示されるエラーメッセージを見ると、printer-state-message="/usr/libexec/cups/backend/lpd failed"と書かれている。
※エラー内容をじっくり見たい人は下の方に書かれたやり方でご覧下さい。

今のところ、アップデート前の環境に戻る(やはり、バックアップは大事なのですね……)以外に根本的な解決策はない(Free BSDの深い知識があれば何とかできるのかもしれないが)ようなので、私個人は10.6.8へのアップデートを控えることをお薦めしたい。

既にAppleの英語版のDiscussion Boardで話題になっており(https://discussions.apple.com/thread/3137602?start=0&tstart=0)、私の環境だけではないようだ。
その一方で、(一般にリリースされているのだから当たり前なのだろうが)全てのプリンタで生じるわけでもないようだ。

このDiscussion Boardで解決策として掲げられているのは
1.コンボアップデートをダウンロードして適用し直した後、登録したプリンタを一旦全部捨てて、再度登録し直す
2.ドライバとして「一般的なPostScriptプリンタ」を選択する
である。
しかし、私の環境(Mac Pro)ではいずれも機能せず、未だネットワークプリンタ経由で印刷できないままである。

Discussion Boardでは、socketのコマンドをバックアップから取り出して入れると動いた、というリポートもある(以下に記すように、エラーログを見ると、確かにsocketコマンドにも問題がある)が、個人的には薦められない。
今後出される(かもしれない)アップデータを当てる際に、アップデータが想定している環境と違うことによりアップデートをしくじる可能性がありそうだからだ。

○教訓
OSのアップデートをかける直前にバックアップをとる。

《以下は、技術情報というほど立派なものではなく、何が起こっているかを少しでも知りたい人向けの話で、問題の解決には一切繋がりません》

続きを読む "Mac OS X 10.6.8アップデートによる不具合" »

BetterTouchTool / HyperDockで生じる不具合

○2011年7月3日追記
作者のブログには何も書かれていませんので、私の思い違いかもしれませんが、BetterTouchToolを0.686にバージョンアップしたところ、この不具合がなくなったように思います。

以下、原文です。
----
MacBookProの立ち上げ直後に、BetterTouchToolから警告文が出された。
曰く「BetterTouchToolがHyperDockとコンフリクトを起こし、クリックがうまいことできないことがある。回避策はまだない。」とのこと。
実際に表示されるものは以下のとおり。

Warning_3

どちらを選ぶかで、私はBetterTouchToolを外すことを選択した。

昨晩、MacBookProでマウスを使っていたところ、クリックができなくなり、どうしたのかと思ったら、このコンフリクトが原因だったのかもしれない。

BetterTouchToolを古いバージョンに戻せば大丈夫なのだろうか? 
BetterTouchToolの作者は現在試験期間前とのことで、「本業」にお忙しいようなので、ちょっと様子を見ましょうか。

○使用環境
MacBookPro 15"
Mac OS X 10.6.7
BetterTouchTool 0.68
HyperDock 1.0.3

何でもかんでもGMT:国土数値情報をプロットする

国土計画局の国土数値情報のサイトでは、海岸線や湖岸線など、基図に使えるデータが無料で手に入る。
このデータをGMT(Generic Mapping Tools)でプロットするための手順をまとめた。

なお、国土数値情報のデータは相当に細かいので、これで縮尺の小さい地図を作成するのは無駄かもしれない。

《以下に手順の詳細を記している。》

続きを読む "何でもかんでもGMT:国土数値情報をプロットする" »

ブラウザのブックマークを同期させるサービスの比較

いくつかのOSを渡り歩きながら仕事をする必要があり、ブラウザのブックマーク(お気に入り)を同期させて使えると便利であるので、色々検討してみた。
今のところはXmarksというサービスを利用させてもらうことにしている。

私が望む仕様は
・OSやパソコンをまたいでブックマークを同期させる
・階層型の整理に対応している
・履歴まで同期させる必要はない
・対象とするブラウザはFirefoxだけで問題ない
である。

比較したのは、Xmarksのほか、Firefox Sync、Google Bookmarks、はてなブックマークである。

《以下は個別のサービスに対するコメントです。》

続きを読む "ブラウザのブックマークを同期させるサービスの比較" »

Ruby, My Dear? (1) 日本語処理でハマる

日本語を含んだテキストファイルを色々と加工することを目的に、Rubyを勉強し始めた。日本人が作った言語だから、いわゆる2バイト文字に対する配慮もなされているだろうと思っただけで、Rubyが本当に最適かはわからないです……。

○使用環境
Mac OS X 10.6.7
MacBook Pro
Rubyのバージョン(ruby -vとしたときの表示):ruby 1.9.2p180 (2011-02-18 revision 30909) [x86_64-darwin10.7.0]
※OS付属のRubyとはバージョンが違うことに注意
 OS付属のRubyのバージョン:ruby 1.8.7 (2009-06-12 patchlevel 174) [universal-darwin10.0]

○参考文献
たのしいRuby 第3版(高橋征義、後藤裕蔵著)
※以下、単に『たのしいRuby』と表記。

○教訓
Ruby 1.9では、文字コードが細かく指定できる点に注意。
日本語のファイルを処理する際には、-Kオプションを設定するのが楽。

《以下は教訓を得るまでの試行錯誤のメモです》

続きを読む "Ruby, My Dear? (1) 日本語処理でハマる" »

LaTeXで取り消し線

・ulem.styを使う
・\sout{取り消し線を引きたい文字列}とする

参考文献:http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/sensei/kumazawa/tex/ulem.html
きっちりまとめていただいてあり、大変助かります。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ