« Mac OS X 10.6.8で印刷できないことの対処療法 (2) 自力でファイルをコンパイルしてインストール | トップページ | WALKMANをMacで使う (1) 接続解除での問題 »

Mac OS X 10.6.8で印刷できないことの回避策のまとめ

○2011年7月26日追記
ネットワークプリンタから印刷できない問題等々に対応したアップデータであるMac OS X 10.6.8追加アップデートがアップルから出されました。
「ソフトウェアアップデート」経由でインストールできます。
http://support.apple.com/kb/DL1429?viewlocale=ja_JPからダウンロードもできます。
これを適用すると、私の環境ではネットワークプリンタで印刷できない問題は解決されることを確認しました。

○2011年7月7日追記
・印刷できないといっても、症状がいくつかあるようなので、私の環境で生じたことを具体的に記しました。
・1)の解決策に加筆:PPDではなくドライバを配布しているメーカーや回避策を丁寧に記しているメーカーがあるようなので、そうした実情に即した表現に変更しました。

以下、原文
-----
この問題がわかってから1週間ほど経ち、コメントをいただいたり、アップル以外から、回避策がいくつか報告されたりしているのでまとめてみたい。

○症状
ネットワーク上のプリンタ(おそらくはポストスクリプト・プリンタ)から印刷できない。
具体的には、印刷するジョブをプリンタに放り込むと、即座にプリンタが一時停止した旨が表示される。
手動で開始させても、すぐにプリンタが一時停止した旨が再度表示される。

Xeroxのサイトのフォーラムでは、「100 %のネットワークプリンタ」とかなり強い言葉が使われているが、問題なく動いているネットワークプリンタもあると大本さんからうかがっている。

○原因
アップデートしたOSのCUPSシステムがPPDファイルに書かれていると仮定していることが、実際には書かれていないため?
※メーカー等に確認したわけではなく、私が勝手にそう思っているだけです。
PPDファイルを書き換えると動く(後述)ことが、それをうかがわせる。

○回避策
全てを試したわけではない。
特に、6)は未確認。条件付きながら動作することを確認(2011年7月4日追記)。
番号はお薦め順を反映しているわけではない。

1)プリンタメーカーのサイトに行って、新しいPPDファイルやドライバがないか、あるいは回避策が書かれてないかを確認
Fuji Xeroxは一部のプリンタ用に新しいPPDファイルを出したようです。
たとえば、http://downloadnavi.fujixerox.co.jp/result/jp/m=188&o=140&s=100
EPSONは(一部のプリンタ用の?)ドライバを配布しているようですし、Okiは回避策をウェブサイトに掲載しています。
メーカー推奨のやり方で解決できるので、この方法で解決するのが最も望ましい形と思います。

2)アップデート以前の環境に戻す
長所:問題のない環境に確実に戻れる
短所:バックアップ後からアップデート前に行った作業の復旧が場合によっては面倒

3)正常に動いている計算機をサーバーとする
別記事あり。
長所:OSが提供する環境を使うので、更なる問題が発生する確率が低いと考えられる
短所:正常に動いている計算機がないとどうしようもない。例えば、職場のMacを一斉にアップデートした後のような場合には厳しい。

4)バックアップや正常に動いている計算機から必要なファイルをコピーして置き換える
みちゅるさんよりいただいたコメントによると、/usr/libexec/cups/backend/からipp, lpd, dnssd, socketの4つのファイルをコピーして、ディスクユーティリティのRepair Permissionsを実行すると、復旧するとのこと。
長所:バックアップがあれば、単体で閉じることが可能。
短所:アップデート以前の環境が必要。ファイルのコピーにUnixの知識が必要?
※Unixの知識がなくてもできるかどうかは私にはわかりません。
このやり方で置き換えるファイルが1つのパッケージになったdmgファイルがLykeiosさんより配布されているようです。
http://www.geocities.jp/horiemonmail/Repair10.6.8.dmg
https://discussions.apple.com/message/15501546#15501546を参照のこと。

5)自分でCUPSのファイルをコンパイルする
別記事あり。
長所:単体で閉じられる。アップデート以前の環境が不要。
短所:lpdしか動作することが確認されていない。ippは動作しない可能性がある。

6)PPDファイルを書き換える
私自身は、これで動作するかは未確認。IPPではうまくいかないが、dnssd(Bonjourで使っている?)とLPDだと動作することを確認(2011年7月4日追記)。
pengtaoさんの投稿(https://discussions.apple.com/message/15534949#15534949)を参照。
*cupsSNMPSupplies: False
という行をPPDファイルに足す。
長所:単体で閉じられる。1行書き足すだけなので、作業自体は難しくない。
短所:PPDファイルを壊さないよう注意が必要(編集前にPPDファイルのバックアップをとることは必須)。エディタで編集する際には、文字コードや改行コードが元のものと変わっていないかに注意が必要。miなどのように、文字コードや改行コードが明示的に確認できるエディタがお薦め。

○謝辞
コメントをお寄せいただいた、大本さんとみちゅるさんにお礼申し上げます。
その他、フォーラム等で改善策を提示なさっている方々にお礼申し上げます。

« Mac OS X 10.6.8で印刷できないことの対処療法 (2) 自力でファイルをコンパイルしてインストール | トップページ | WALKMANをMacで使う (1) 接続解除での問題 »

Mac」カテゴリの記事

コメント

大変助かりました。同僚のMacbookairで職場のIPSiOC301SFに印刷が出来なく成りこのPageにたどり着きました。
自分のMacBookでは問題なく動いており、途方に暮れていましたが、Repair10.6.8を適応し巧く行きました。
ありがとう御座いました。

ありがとうございます。
6)PPDファイルを書き換える
私の環境ではこれでいけました。
imac24inch os10.6.8
ネットワーク上のbizhub1050です。
pagemaster6500は不具合も出ず、プリントできてました。
同じコニカミノルタでも何がちがうのやら...

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mac OS X 10.6.8で印刷できないことの回避策のまとめ:

« Mac OS X 10.6.8で印刷できないことの対処療法 (2) 自力でファイルをコンパイルしてインストール | トップページ | WALKMANをMacで使う (1) 接続解除での問題 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ