« X11でssh経由でウィンドウが飛んでこないとき | トップページ | Pioneer DVR117のMac Proへの取り付け »

WALKMANをMacで使う (4) ギャップが気になる

iPodでは普通にできていたので何も気にしていなかったが、購入したWalkman(NW-A856)ではギャップレス再生が簡単にはできないことが今頃わかった。というか、そもそも対応していないらしい……。

実は、試した範囲(AAC、ATRAC3、ATRAC Lossless、WAV)では全くダメというわけではなく、WAV(リニアPCM)という圧縮がかかっていない形式のファイル(曲)だけがギャップレス再生が可能である。

しかし、この形式でMacから曲を転送すると、アーティストやアルバム名等のタグで管理している情報が一切飛んでしまって、その手の情報が全て不明のファイルとしてWalkmanで扱われてしまい、曲順もまともに並ばない。これは、WAVという形式が、そういった情報を付け加えられるように設計されていないことによるらしいので、どうしようもないようだ。裏返すと、WAV形式で保存しているにもかかわらず、iPodやWalkmanでそうした付加情報が使えるということは、独自に拡張していることを意味し、この拡張方法に互換性がなければ(アップルとソニーの間ではないのが普通)、どうしようもないことになる。

ちなみに、Windows上でSonic Stage CPを使ってWAVファイルのままでWalkmanに送ったところ、OMAという拡張子が付いたファイルとして保存されるようだ。OMAはATRAC3とかいう形式のファイルのはずで、WAV形式で保存するよう設定したのに、勝手に変換されてしまったのかと思ったが、そのOMA形式のファイルは、元のWAV形式のファイルとほとんどファイルの大きさが代わらないので、元のWAV形式のままで音楽データは保存されており、これに付加情報を別途付けて、まとめてOMA形式と称しているように見える。

ここに目を付けるならば、Macの上でWindowsのアプリケーションを動かすソフト(Fusionだったか?)でも導入すれば、Sonic StageやX-アプリを使うことで、元のファイルの保存形式によってはOSを行ったり来たりしないで作業ができるかもしれないが、Apple Losslessで蓄えてしまった私の場合、CDから取り込み直さない限りダメだろう。

当初は気に入っていたが、最近はちょっとボロさが目に付く気がする。圧縮したファイルをギャップレスで再生することができないことから推測するに、Walkmanでは、圧縮をとくことによる時間遅れを考慮する回路が内蔵されていないと思われる。これは正直ボロ過ぎ……。また、X-アプリなる付属のソフトも出来が悪い。広告はガチャガチャ動くが、肝心のファイル操作が私の環境ではそもそもできない。仕方がないので、Windows 7では動作しないとソニーが言っているSonic Stage CPをWindows 7上に入れて使っているが、使い勝手がいいとは言えない。

« X11でssh経由でウィンドウが飛んでこないとき | トップページ | Pioneer DVR117のMac Proへの取り付け »

音楽」カテゴリの記事

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WALKMANをMacで使う (4) ギャップが気になる:

« X11でssh経由でウィンドウが飛んでこないとき | トップページ | Pioneer DVR117のMac Proへの取り付け »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ