« ReaderのeBook Storeにて売って欲しい作者と作品を募集 | トップページ | ポケットルーター「WN-G150TRW」 »

印刷された本と電子書籍の価格差を見てみる

印刷された本と電子書籍との間の価格差を見てみると、その出版社の姿勢が透けて見えるような気がするので、試してみた。
取り上げたのは文庫本となった歴史小説が中心で、ジャンルが異なると別の傾向が見えるのかもしれない。

※Tableタグを使って書いたところ、やたらとスペースが空いてしまっておかしくなるので、ラスター化して画像として埋め込みました。(画像をクリックすると大きく表示されます)
Table_new_2

中公文庫がえらく安くなるのが目を引きます。岩波書店はさすがという商売です。

« ReaderのeBook Storeにて売って欲しい作者と作品を募集 | トップページ | ポケットルーター「WN-G150TRW」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 印刷された本と電子書籍の価格差を見てみる:

« ReaderのeBook Storeにて売って欲しい作者と作品を募集 | トップページ | ポケットルーター「WN-G150TRW」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ