« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の記事

コボ大混乱?(コボのヘルプとマニュアルへのリンク)

コボのヘルプやマニュアルを求めて、検索サイトから辿り着く方がいらっしゃるようなので、リンクを貼っておきます。

・コボのヘルプサイト
http://kobo.faq.rakuten.ne.jp/

・コボ タッチのpdfマニュアル(正確にはユーザーガイド)
http://kobo.faq.rakuten.ne.jp/euf/assets/images/rakuten/koboTouchUserGuide.pdf
※2012年7月20日22時40分現在、http://kobo.faq.rakuten.ne.jp/の画面左側にある「電子ブック楽天kobo利用ガイド」と書かれているところのリンクは、Not Foundと表示されるdead linkになっています。

・コボ タッチの初期設定の手順
http://kobo.faq.rakuten.ne.jp/app/answers/detail/a_id/18223

しかし、大丈夫か、楽天……。

コボ タッチとSony Readerとの比較(続)専用ストアの蔵書数の比較

電子書籍端末はハードだけではなく、本の品揃えがきわめて重要(読みたい本がなければ電子書籍端末は無用の長物)なことは明らかなので、コボ タッチ専用サイトとSony Reader専用サイトで取り扱っている本の数を調べてみた。
結論を先に書くと、現状ではどちらも相当に貧弱であると言わざるを得ない。

http://kobo.rakuten.co.jp/?scid=wi_ich_bn_20120702_003_prehttp://kobo.rakuten.co.jp/introduction/によると、コボ タッチのサイトでは日本語の書籍は約30,000冊。

http://store.sony.jp/Special/Ebook/Reader/Lineup/index.html?s_pid=pc_20120713_All_TB_02_04_nesageによると、2012年5月末時点で約55,400冊。

一見、多そうだが、実は相当に貧弱であることは大型書店の蔵書数と比べれば一目瞭然である。
http://narunaru007.blog53.fc2.com/blog-entry-45.htmlを拝見すると、ジュンク堂池袋店や八重洲ブックセンターの蔵書は150万冊、丸善丸の内本店は120万冊とのことである。
これらの蔵書数と比べると、電子書籍のサイトでの取扱数は高々1/30程度である。
これを多いと言えるだろうか?

仮に、これらの書店の蔵書数なるものが、ベストセラーの平積みのように、同じタイトルの本が複数あるものを、1つではなく複数としてカウントしているとし、実際の本の数がSonyのブックストアでの取扱数と同じであるとすると、平均して同じタイトルの本が30冊あることになる。
さすがにこんなことはないであろうから、電子書籍の本屋の取扱数が貧弱であるということは揺るがないと思われる。

ソニーの上記のサイトでは「毎月約2,000冊のペースで新たに入荷予定」とある。
このペースで大型書店並の品揃えと考えられる100万冊に達するためにはおよそ48ヶ月、つまり、あと4年かかる勘定である。
4年は、長いような短いような、微妙な長さではある。
取り扱い数をそこまで持って行くとメーカー側が宣言するならば、辛抱して待ってもよいと思うが、そういう中期的なビジョンを持って取り組んでいる感じが全くしないので、今から思うと、端末を買ったのは早まった感じがしないでもない。
逆に言うと、アマゾンが一体どのぐらいの数の本を擁してKindleを売り込んでくるのかが楽しみではある。

○追記(2012年7月20日)
http://www.toyokeizai.net/business/strategy/detail/AC/5bfef62fbca4e53d612609d5a667a56b/page/2/によると、楽天は150万冊を目指しているとのこと。
大型書店の蔵書数に近いのは偶然ではないと思われる。
ただ、記事中では、あくまでも「将来の目標」と述べるに留まり、具体的な時期に関する言及はない。

コボ タッチとSony Readerとの比較

コボ タッチなる電子書籍端末が楽天から7月19日に販売されるとのこと。
手許のSony Reader PRS-T1と比較してみた。

機種                 PRS-T1     コボ タッチ
表示形式             電子ペーパー    電子ペーパー
画面サイズ                 6"        6"
画質(というのか?)      16階調モノクロ   16階調モノクロ
大きさ(縦x横x厚み、単位cm) 17.3 x 11 × 0.9   16.5 x 11.4 x 1
重さ(単位g)              168        185
内蔵メモリ               約2GB      約2GB
実質使用可能な領域          約1.4GB      約1GB
対応している電子書籍フォーマット 配信コンテンツ(.mnh)   EPUB
                 XMDF(.zbf)      PDF
                 ドットブック (.book)
                 EPUB(.epub)
                 PDF (.pdf)
                 Text (.txt)
値段                 19,800円      7,800円
                   16,800円(7月に入って値下げした模様)
                   8,980円(PRS-T2の発売に併せてさらに値下げ)

○気付いたこと、感じたこと
・価格差は歴然としている。・半年足らずでここまで価格が下がるとは:競争は大事なのですね……
・表示のハードは同じものを使っている感じがするので、使っているフォントの見やすさや美しさが表示部分の勝負(あるいは好みがわかれるところ)と思われる。
・対応している電子書籍のフォーマットはPRS-T1の方が圧倒的に多い。だからと言って、利用できる電子書店が多いことと直結はしないようだが。PRS-T1で利用できるサイトは、私の知る限り3つ(本家、楽天、紀伊國屋)しかない。
・対応しているフォーマットが少ないのと裏腹に、OS等々のオーバーヘッドが、コボタッチの方がPRS-T1よりも大きい。

○その他
私には重要ではないが、PRS-T1では音楽が聴けたり、写真(要するにjpegなどのラスターファイル)が表示できたりするが、コボ タッチに同様の機能があることは確認できていない。
どちらもWifiにつながるが、電子インクでは大概のホームページは見られたものではないので、実質的には有用性はさしてないと思われる。

参考にしたサイト:
Sony Reader PRS-T1:http://www.sony.jp/reader/products/PRS-T1/spec.html
コボ タッチ:http://kobo.rakuten.co.jp/

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ