« Arialで角度を示す丸を表示させる | トップページ | Toodledoアプリでログインできない »

Windowsのカルテ:キーバインド周りのカスタマイズが中心

○キーバーインド関係
KeyTweakというソフトを使って、キーバインドを入れ替える。
・Ctrlの位置がCaps Lockになっていて使いにくいので、キーを入れ替える。
・スペースバーが狭くて使いにくいので、日本語キーボードの「変換」「無変換」をスペースに置き換えた。
http://www.lifehacker.jp/2012/03/120224winkeytweak.htmlを参考にしたような気がするが,恩知らずな話で忘れてしまった……。

○日本語入力のON/OFFを切り替えやすくする
ATOKのデフォルトは「半角/全角」キーだが,遠いし,Escキーと押し間違いやすいので,「カタカナひらがなローマ字」キーにも日本語入力のON/OFFを割り当てる。
変更はhttp://d.hatena.ne.jp/kamicup/20080708/1215496428を参考にさせてもらった。こちらのサイトはATOK2008での話だが,ATOK2010でもやり方は同じ。ただ,出てくる画面が違う。

○ソフトウェアのアップデート
・Cyberduckのアップデート(4.3.0 -> 4.3.1)

<使用環境>
UH-75/HN
Windows 7 Home Premium (Service Pack 1)
http://www.microsoft.com/ja-jp/security/pc-security/ver_win.aspxにあるやり方で調べた。Windowsはほとんど使ったことがないので,こんなことから調べないといけない状態。

« Arialで角度を示す丸を表示させる | トップページ | Toodledoアプリでログインできない »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windowsのカルテ:キーバインド周りのカスタマイズが中心:

« Arialで角度を示す丸を表示させる | トップページ | Toodledoアプリでログインできない »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ